認知症,せん妄

スポンサードリンク

認知症と「せん妄」の違い

認知症,せん妄

せん妄と認知症の違いも少しわかりづらいものが
あるかもしれません。

 

そもそもせん妄とは、急性の脳障害の時に起こる、
軽い意識障害の事を言います。

 

具体的には、判断力、理解力の低下、幻覚や妄想が出てくる。
やがて、興奮状態に陥ります。

 

そして、せん妄の患者は症状の変化が非常にはげしく、意識が
しっかりしているときと、そうじゃないときというのが混在します。

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!


認知症と「せん妄」

・<せん妄>
基本症状としては、意識障害、記憶障害になり、発症の仕方は急激と言えます。
また幻視や運動不能を伴う事もあり、夜間や夕方に悪化する事も多々あるようです。
症状の持続は数日から数週間になり、薬物の関与、環境の関与もあると言われています。

 

・<認知症>
基本的には記憶障害と認知症害になります。
発症の仕方はゆるかになりますが、症状は永続的に続くとされています。
身体的な疾患はそれなりにありますが、環境の関与や薬物の関与はないとされています。

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!

 

スポンサードリンク

認知症と「せん妄」の違い関連エントリー

認知症と鬱(うつ)
鬱(うつ)と認知症は比較的間違われやすい病気であると言われています。そこで、簡単にその違いなどを比べていきましょう。

 
認知症の対応 認知症を知る 認知症の治療 アルツハイマー型認知症 他の認知症