認知症,対応,治す,改善,方法

スポンサードリンク

その他の認知症

認知症,対応,治す,改善,方法

認知症は、アルツハイマー型認知症と、脳血管性認知症の
二つが主なものとなっています。

 

ですが、この二つに属するものだけなわけではなく、
他にも認知症の種類があるのです。

 

その他の認知症としてあげられるのが、
レビー小体型認知症前頭側頭型認知症になります。

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!


レビー小体型認知症

変性性認知症の中ではアルツハイマーの次に多いものとなって
おり、脳の後ろの方でおこります。

 

症状の変動が強く、物忘れや、幻視の症状がでやすい認知症です。

 

薬で治療を行った時に副作用が出やすいのも特徴で、また
パーキンソン病の症状も強くでます。

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症は、比較的まれで、数も少ない認知症で、
脳の前の方でおこります。

 

アルツハイマー型に比べて発症が若い人に多い傾向にあり、
症状も物忘れなどの症状より、人格の変化が多いとされています。

 

食事の好みの変化がおこり、だらしない行動をとったり、自己中心的に
なったり、意欲の低下、短絡的な行動をとるといった行動が目立つように
なります。

 

これらのほかに言語障害も起こるとされています。

 

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!

その他の認知症記事一覧

認知症と鬱(うつ)

鬱(うつ)と認知症は比較的間違われやすい病気であると言われています。そこで、簡単にその違いなどを比べていきましょう。・鬱(うつ)鬱(うつ)状態は気分が落ち込んでいて憂鬱(ゆううつ)な状態でやる気がでない状態などになります。感情的に上記のような気分が持続しますが、言語理解や会話などが困難な状態にはなり...

≫続きを読む

 

認知症と「せん妄」の違い

せん妄と認知症の違いも少しわかりづらいものがあるかもしれません。そもそもせん妄とは、急性の脳障害の時に起こる、軽い意識障害の事を言います。具体的には、判断力、理解力の低下、幻覚や妄想が出てくる。やがて、興奮状態に陥ります。そして、せん妄の患者は症状の変化が非常にはげしく、意識がしっかりしているときと...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク


 
認知症の対応 認知症を知る 認知症の治療 アルツハイマー型認知症 他の認知症