認知症,定義,判断

スポンサードリンク

認知症の定義・判断

認知症,定義,判断

 

認知症というと、「物忘れ」という風に思いがちですが、
実はそういうわけではありません。

 

認知症には定義がありその定義とは、脳や身体の疾患を
原因としていて、記憶力や判断力に障害がおこる事。

 

そして、その結果、普通の社会生活を起こる事ができなくなった状態と定義されているのです。
さらに、下記のような症状が認められる事ともされています。

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!


認知障害とは?

認知症,定義,判断

  • ・新しい情報を学習したり、それを思い出したりするような能力の
     障害である、記憶障害。
  • ・言語障害
  • ・運動昨日は底割れてないのに、動作をすることができない失行。
  • ・実行を機能することができない障害
  • ・失認

これらの症状により、明らかに以前より社会生活の水準が低下していること。

 

上記のような認知障害や記憶障害が、せん妄の最中によってのみ起こるものではないということ。
こういった条件が認知症の定義となり、認知症を診断する基準となっているのです。

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!

 

 


スポンサードリンク

認知症の定義関連エントリー

認知症と物忘れの違い
認知症と物忘れは、知識があまりないと、正直なところ区別が付きにくい症状になります。しかし、理解ができていると、その違いが少しずつわかることができるでしょう。
アルツハイマー型認知症とは?
アルツハイマー型認知症とは、認知症の中で一番患者数が多い認知症となります。それは、知能の低下や、人格の崩壊などが現れてしまうのです。
脳血管性認知症とは?
脳血管性認知症の特徴として、片方の麻痺、ひん尿や尿失禁、歩行障害や意欲の低下などがあります。また、判断力や理解力が保たれていることがあり、症状にもムラがあったりします。

 
認知症の対応 認知症を知る 認知症の治療 アルツハイマー型認知症 他の認知症