脳血管性認知症

スポンサードリンク

脳血管性認知症とは?

脳血管性認知症

脳血管性認知症とは脳の血管が詰まったり、破れてしまったり
することが原因でなるとされています。

 

脳の血管に損傷が起こると、その部分の脳の働きが悪くなって
しまいます。

 

その結果、認知症となり、その認知症を脳血管性認知症と呼ぶのです。

 

脳血管性認知症は、脳の中に小さな脳梗塞がたくさんあるときや、
脳卒中の発作の後などにあらわれたりします。

 

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!


脳血管性認知症の特徴

脳血管性認知症

 

脳血管性認知症の特徴として、片方の麻痺、ひん尿や尿失禁、
歩行障害や意欲の低下などがあげられます。

 

また、判断力や理解力が保たれていることがあり、症状にも
ムラがあったりします。

 

脳血管性認知症は、なにより予防が大切になります。


認知症を予防

 

認知症は治せる!?認知症改善プログラム!

 

 

認知症を予防するためには、脳梗塞、脳卒中を予防することが大事となります。
脳卒中の予防として大事なポイントは、高血圧、肥満、糖尿病、心疾患、などを放置せずに
きちんと治療をすること。

 

喫煙、アルコールの摂りすぎや、不摂生、運動不足に気を付けることなどがあげられます。

スポンサードリンク

脳血管性認知症とは?関連エントリー

認知症の定義
認知症の定義とは、「脳や身体の疾患を原因とし記憶力や判断力に障害がおこる事、そしてその結果普通の社会生活を起こる事ができなくなった状態」といった風に定義されているのです。
認知症と物忘れの違い
認知症と物忘れは、知識があまりないと、正直なところ区別が付きにくい症状になります。しかし、理解ができていると、その違いが少しずつわかることができるでしょう。
アルツハイマー型認知症とは?
アルツハイマー型認知症とは、認知症の中で一番患者数が多い認知症となります。それは、知能の低下や、人格の崩壊などが現れてしまうのです。

 
認知症の対応 認知症を知る 認知症の治療 アルツハイマー型認知症 他の認知症